二重美容液でカサカサすることはないでしょうけど不安もある

カサカサ肌を改善するために考えることも多いけど、冬のカサカサ厄介だなといつも思います。
季節の変化に伴い、肌の状態も日々変化しています。
今は5月だから少しはましですが、冬は本当に大変です。
特に、冬は湿度と温度が低くなるため、様々な肌トラブルが発生しがちです。
温度の低下による血行の悪化、汗や皮脂の分泌量の低下、外気の乾燥による肌の水分の蒸散、暖房の影響による肌の乾燥などにより、肌への負担が非常に大きいのです。
この中でも、特に冬の乾燥肌に悩まされている方は多いのではないでしょうか。乾燥肌になると、シワ、たるみ、肌荒れの直接の原因になるばかりでなく、かゆみを伴い非常に不快な思いをしなければなりません。
では、どのように冬の乾燥肌を防げばいいのでしようか。
まず、一つに入念な保湿対策です。皮脂や肌に充分な水分を与えて潤いを保つために保湿剤、乳液やクリームなどを活用しましょう。入浴後に、保湿剤、クリームなどを塗るのが最も効果的です。最近では、いろいろな種類の保湿剤やクリームが出ているので、自分に合ったものを見つけましょう。また、夜だけのケアではなく、朝起きてもクリームを塗ったり、外出前・外出後などこまめに保湿剤を塗ることも大切です。
二つ目に、部屋の空気の乾燥を防ぐため、エアコンの空気を直接肌に当たらせないようにしたり、加湿器を上手に利用することも効果的です。
3つ目に、身に着けるものをできるだけ刺激のないものにしましょう。下着や直接肌に触れる洋服は、乾燥肌にはチクチクと刺激になりやすく、それがかゆみにつながります。かゆみの強いときは、セーターなどは避け、綿素材の肌に刺激のないものを身に着けることも効果的です。 以上に挙げたことに気を付け、冬の乾燥から肌を守りましょう。
考えてみると出来そうなことばかりですが、忙しさを理由に何もしてこなかったんですね。当然カサカサしてる肌より潤いのある肌のほうが健康的だし、化粧品ノリも違います。なのになぜ今までしなかったかというときっと自然と改善されるという甘えがあったからだと思います。
カサカサ肌改善の方法
乾燥肌になってから対処するのと予防するのとでは、全然労力も違うでしょうね。こういうところに性格があらわれるような気がします。 私のように何か起きてからしか何もしないタイプは大変です。

さて、二重美容液についてですが、それを使うことによってまぶたがかさつくことは考えにくいのですが、逆にたるんでくるという症状は聞いたことがあります。
ナイトアイボーテのように接着させるような成分が入ってるとなると、その負担がどれほどのものか、それはいまだによく分かりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加