二重にもしたいしキレイな肌にもしたいし複雑

20代の頃は気にならなかったシミも30を過ぎるとどうしても少しずつ目立ってきているようです。
誰にでもできるのでしょうけど、若い人でシミの多い人もいれば、ある程度中高年でも少ない人もいます。
やはり若い頃に浴びた紫外線の影響は否定できません。
ここで、一つ気になることが。実は、紫外線を浴びたらすぐにシミが出来るというわけではありません。肌が紫外線を浴びた量というのは、きちんと記録されているんですって。記録といっても、何か別のものにでなく、その本人の肌(メラノサイト)にということです。なので、20代になって、そろそろ紫外線対策をしようと思っても、10代の頃に浴びたのも覚えてるので、子供の頃にたくさん紫外線を浴びてると、その影響もでてきてしまうというワケです。
このページのタイトルで美白は早くというのは、昔浴びた紫外線は後悔してもどうしようもありませんが、これから出来ることもあるということです。
まず、シミについてですが、シミに効く化粧品ということでたくさん発売されていますが、かなり曖昧だなという印象があります。なぜかというとシミにもいろんな種類があるからです。紫外線の影響による「老人性色素斑」や、「炎症性色素沈着」、「肝斑(かんぱん)」などがあります。
そして、今のシミの状態によっては、美白化粧品では全く効果がないことも考えられるんです。そうなるとレーザー治療とかに期待するしかないのかなと思います。
さて、初期の老人性色素斑なんかでは、ピーリングが有効と言われています。もちろん、シミに効きそうな美白化粧品もいいのですが、だいたいは、メラニンの生成を抑えようとというものです。ピーリングはちょっと違った角度からのケアとなります。

ターンオーバーのことを知っておきましょう

ターンオーバーという言葉は有名ですが、約28日周期でお肌が生まれ変わるんですが、それがだんだんゆっくりになってきてしまうので、それを助けてあげようというスキンケアですね。実は、このピーリングに期待されているのは、美白やシミだけではありません。シワもそうです。何か特定の肌トラブルを改善しようというものではなく、肌本来の力を引き出してあげよう、そして美白化粧品の浸透をよくしてあげようという効果も期待できるわけです。
洗顔もしないといけないし、面倒って思うかもしれませんが、毎日する必要はありません。最初は週に2回程度でもいいのです。初めてピーリングジェルを使ったときのことを覚えていますが、使った後に確かにお肌が柔らかくなってるのも分かりましたし、これはすごいって思いました。
シミも古くなってくると、美白化粧品の効果も薄れていくようですので、少しでも早いケアが必要だと思うんです。紫外線対策なんてのは当然ですが、それとあわせてピーリングをするとさらに期待できるのではないかなと思います。

二重美容液を使うということは肌も関係してきます。生まれ変わる肌のことを知って効果のある方法を考えたいです。
二重美容液やカラコンで目元のオシャレと印象チェンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加